ブログトップ

安藤木工 木の家具と日用品

andomoku.exblog.jp

小さな畑で家庭菜園

梅雨に入りましたね。
しとしとと降る雨に、なんだか気持ちがわさわさとしています。
そんな時は、少し窓を開けて、外の空気を吸い込みます。
雨に濡れた緑の葉っぱと土の香りで、心が静まる気がします。
a0297877_14232868.jpg

我が家の小さな畑では、今年も夏野菜がぐんぐん成長しています。
今年は、「あひるの家(国立市にある反農薬の八百屋さん)」で
ミニトマトとナス(2種類)、モロヘイヤを一株づつ購入し、植えました。
ゴールデンウィーク頃に植え付けた苗も、順調に花を咲かせています。
そして、今年は、嬉しい誤算が沢山。
・2年前に種を蒔いたシソが、毎年みるみる広範囲に進出。毎日シソを刻み、風味を楽しんでいますが、そろそろシソを大量に使う保存食を探さないと…。
・自家製コンポストの堆肥から発芽したと思われるジャガイモ、カボチャが成長中。
・なぜかトマトがもう一株。去年のこぼれ種か?それともこれも堆肥からか?
・ミントがこれまた、勢力を拡大しています。大量に摘んで、ワインの空き瓶2本分のシロップを作りましたが、まだまだ作れそうです。
いかんせん、とにかく我が家の畳2畳分の畑は、今やジャングルと化しています。
a0297877_14412347.jpg


我が家の子供たちにも好評だったミントシロップの作り方をご紹介。
お水で割ってもソーダ水で割っても美味しくいただけます。

ミントの葉っぱ---ざるに2山。たっぷりと。200g位。
水---5カップ
てんさい糖---300g
1.鍋に水を入れ、沸騰したらミントの葉を入れて、火を止める。そのまま蓋をして、15分ほど置く。
2.ミントを取り出して、てんさい糖を入れ、再び火にかける。てんさい糖がとけたら、冷まして空き瓶に入れ冷蔵庫で保存。

我が家では、やさしい甘みのてんさい糖を使っています。
ミントは、スペアミントだったかな…。子供にも飲みやすい優しいミント味になったので、もっとス~ッとしたい方は、ミントの分量を増やしても良さそうです。
夏のほてった体には、す~っとしたミントの爽やかさがおすすめですよ。
私は、胃が重いときや、すっきりしないとににも飲んでます。
[PR]
# by an-moku | 2015-06-21 22:48 | 暮らしのこと

チェリーのロッキングチェア

お客様からお問い合わせをいただき、製作したロッキングチェア。
「ブログで見て、実物に座ってみたい。」
との要望をいただき、今回製作しました。
a0297877_1173485.jpg

a0297877_1174755.jpg

ロッキングチェアの重々しさをなくし、
現代の住まいにピッタリとくる、安藤木工のロッキングチェア。
サイズを見直し、横幅をすこし少し小さくしました。
しっくりと体に馴染む座り心地です。
慌ただしい一日の中でも、このシートに流れる時間だけは、
ゆったりとしていますよ。

現在、東京都国立市のロルカ国立店にて、展示中です。
お客様へのご納品が決まり、現在展示しておりません。
ご検討中の方など、ご連絡下さい。(2015.6/15)



[PR]
# by an-moku | 2015-06-03 11:28 | 家具のこと

木のプレート皿

先日、木のプレート皿のご注文をいただき、
使い勝手が良く、スマートなデザインの
プレート皿を製作しました。
a0297877_13493575.jpg
a0297877_14095135.jpg

チェリーとウォルナットの2種で作ってみました。
ふちに入れた溝がポイントです。
デザインもしまって見えるし、
ドレッシングや肉汁も受け止めてくれます。
大きさとしては、テーブルのセンターにおいて、
前菜を盛り合わせるのにちょうど良いかな。
お届けしたご家庭でも、さっそく来客時のおもてなし料理に
生ハムやマリネを盛り合わせて、活用してくれたそうです。
そして、手巻き寿司に使っていただいた写真を送ってくれました。
a0297877_13544066.jpg

美味しそう。
ご愛用いただき、ありがとうございます。
もう一回り大きい、メインディッシュ用のプレート皿も欲しいわ!
とのリクエストをいただいたので、
またご紹介できるかもしれません。
イメージは、ローストビーフ!との事。
う~ん、食べたい!
[PR]
# by an-moku | 2015-05-20 14:08 | 暮らしのこと

nonowa国立

こんにちは。
4月18日土曜日、JR国立駅に隣接した施設
nonowa国立がオープンします。
今回、オープン記念のノベルティーを安藤木工で製作しました!
安藤木工のバターナイフに目を留めていただき、国立の桜をイメージした素敵なパッケージにサクラのバターナイフが収まりました。
立川経済新聞より
http://tachikawa.keizai.biz/photoflash/198/


今回の製作写真を少しご紹介

板からバターナイフの形を切り取った状態。
ここからまだまだ作業が続きます。
a0297877_12252761.jpg

沢山の数のバターナイフ製作ですが、一点一点気を抜かずに丁寧に仕上げます。
a0297877_12264082.jpg

小さな製品ですが、ひとつづつ木目が違い、木の優しさや温もりを感じます。
舐めても安心という植物性のオイルを使用して仕上げています。
そして、今回のバターナイフに合わせ、バターケースもご用意しています。
バターケースは、ロルカ国立店(JR国立駅から徒歩5分)にて取扱ってます。
安藤木工で以前記述したバターケースの記事→新作バターケース





[PR]
# by an-moku | 2015-04-17 12:41 | お知らせ

鳥の巣箱

a0297877_13561473.jpg

娘の通う保育園の園舎建て替えのため、園庭のくぬぎを伐採しました。

あれから、3年。園長先生から頂いて、製材していた板も乾き、
そろそろ何か製作できるな。と思っていた頃、
ちょうど娘も卒園を迎えます。
保育園の園庭でいつも子供たちを見守っていたくぬぎは、
どんぐりを沢山つけていたことでしょう。
鳥たちもたくさん遊びに来ていただろう。
そんな思いから、鳥たちのえさ台と巣箱を
保育園の子供たちと一緒に作ることにしました。
先生方も卒園製作として、一緒に企画していただきました。

まず、安藤木工で、鳥の巣箱の原型を作り、
あとは、子供たちが、絵を描いたり、色を塗ったり、
釘を打ったり、松ぼっくりなどをデコレーションしたり。
子供らしい、元気いっぱいの作品が完成!
a0297877_21305382.jpg

今回の巣箱は、シジュウカラ用に製作しました。
・鳥の種類によって、巣の形がさまざまな事。
・巣箱の大きさや出入り口の穴の大きさが違うこと。
・身近にある木が、どのようにして板になり、
家具や巣箱が作れるようになるか。
・保育園の園庭に植わっていたくぬぎは、何歳?
(どうやって年齢を数えるか?)
など、子供たちが木と親しんでくれればと思い、
少しだけ絵や写真でお話もしました。

始めても釘打ちに子供たちも真剣そのもの。
子どもたちならではの発想に、
新鮮さと暖かさを感じた企画でした。

「鳥さん、入ってね!」と手を合わせてお願いする子どもたち。
さっそく鳥たちが遊びに来てくれることを願うばかりです。

ありがとうございました。






[PR]
# by an-moku | 2015-03-24 15:06 | 暮らしのこと