ブログトップ

安藤木工 木の家具と日用品

andomoku.exblog.jp

鳥の巣箱

a0297877_13561473.jpg

娘の通う保育園の園舎建て替えのため、園庭のくぬぎを伐採しました。

あれから、3年。園長先生から頂いて、製材していた板も乾き、
そろそろ何か製作できるな。と思っていた頃、
ちょうど娘も卒園を迎えます。
保育園の園庭でいつも子供たちを見守っていたくぬぎは、
どんぐりを沢山つけていたことでしょう。
鳥たちもたくさん遊びに来ていただろう。
そんな思いから、鳥たちのえさ台と巣箱を
保育園の子供たちと一緒に作ることにしました。
先生方も卒園製作として、一緒に企画していただきました。

まず、安藤木工で、鳥の巣箱の原型を作り、
あとは、子供たちが、絵を描いたり、色を塗ったり、
釘を打ったり、松ぼっくりなどをデコレーションしたり。
子供らしい、元気いっぱいの作品が完成!
a0297877_21305382.jpg

今回の巣箱は、シジュウカラ用に製作しました。
・鳥の種類によって、巣の形がさまざまな事。
・巣箱の大きさや出入り口の穴の大きさが違うこと。
・身近にある木が、どのようにして板になり、
家具や巣箱が作れるようになるか。
・保育園の園庭に植わっていたくぬぎは、何歳?
(どうやって年齢を数えるか?)
など、子供たちが木と親しんでくれればと思い、
少しだけ絵や写真でお話もしました。

始めても釘打ちに子供たちも真剣そのもの。
子どもたちならではの発想に、
新鮮さと暖かさを感じた企画でした。

「鳥さん、入ってね!」と手を合わせてお願いする子どもたち。
さっそく鳥たちが遊びに来てくれることを願うばかりです。

ありがとうございました。






by an-moku | 2015-03-24 15:06 | 暮らしのこと
<< nonowa国立 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます >>